逆流性食道炎による冷え性は、なぜ引き起こされるのか?

病院や整体院を数ヶ所回って、痛み・不調がどうしても良くならなかった人が、最後に選ぶ治療院

逆流性食道炎による冷え性は、なぜ引き起こされるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは、このようなお悩みはありませんか?

  • check のどの違和感や胸焼けが不快
  • check 足が冷たくて、夜眠れない
  • check 夏のエアコンが寒くてつらい
  • check 生姜など、体を温める食べ物を摂っても、冷え性が治らない
  • check 靴下を重ね着しても足が凍ったように冷たい

逆流性食道炎で悩む女性

逆流性食道炎は、胃から食道へ胃酸などが逆流する症状です。

胃酸が逆流することで、食道の粘膜を荒らし、炎症を引き起こします。


逆流性食道炎の方の多くに見られる症状の一つに、冷え性があります。

手足が冷たく、冬になると靴下を履いても眠れなかったり、カイロが手放せなかったり。


夏場でもエアコンで寒くて仕方がなく、いつも一枚羽織っておかないといけないとお悩みの方は少なくありません。

胃や食道の悩みである逆流性食道炎と冷え性には、一見何の関係もないように感じますが、人の体は色々な所で影響し合っています。


内臓に不調を抱えた方は、冷え性になりやすい傾向があります。

それは、内臓が消化だけではなく、熱の産生や血流、リンパの流れにも大きく関わっているからです。


では、具体的にはなぜ逆流性食道炎になると、冷え性に悩みやすくなるのでしょうか?

また、どのような対策を取れば良いでしょうか?


逆流性食道炎の方が冷え性に悩まされる3つの理由とは?

1.内臓の状態が悪くなると、熱の産生が悪くなるから

冷えに悩む女性

あなたは体の熱ってどこで生み出されているか知っていますか?

運動をすると暑くなるから、筋肉だと思っている方も多くいるかもしれませんね。


あまり知られていませんが、人の体が熱を産生するには、内臓の働きが大きく関係しています。

体を動かしている時でも35%、安静時には50%もの熱が、内臓で産生され体温を保っています。


だから内臓が疲労して動きが悪くなると、産み出す熱量も下がってしまうんです。


逆流性食道炎になると、胃や食道を中心に内臓に負担をかけてしまいます。

負担のかかった内臓が疲労し、働きが低下することで、熱の産生が低下し、冷え性を引き起こしてしまいます。


2.内臓の状態が悪くなると、血流やリンパの流れが悪くなるから

お腹を押さえて苦しむ女性

産み出した熱は、血液やリンパ液で全身に届けられます。

だから血流やリンパの流れが悪くなると、一気に冷たくなってしまいます。


内臓は血管やリンパ節が密集していて、全身の血流やリンパの流れに大きな影響を与える場所です。

逆流性食道炎などによって内臓の状態が悪くなると、働きが低下することで内臓の血流やリンパの流れが悪くなります。


胴体に比べると手足の血管はとても細く、流れる量も少ないです。

影響は手足などの末端に行くほど強くなるため、手足の血流が悪くなり、冷え性を引き起こしてしまいます。


3.ストレスで自律神経が乱れるから

ストレスに頭を押さえる女性

全身の血流を調整している要因に自律神経があります。

緊張すると手が冷たくなる経験をしたことがある方は多いでしょうが、これも自律神経の働きによるものです。


自律神経はストレスによる影響を受けやすく、強いストレス、慢性的なストレスを感じると、自律神経が乱れてしまいます。

その上、逆流性食道炎の不快な症状がストレスの発生原因にもなるため、悪循環が起こり、慢性化の原因にもなってしまいます。


逆流性食道炎による冷え性は、これら3つの原因によって引き起こされます。

では、どのような対策を取れば良いでしょうか?


逆流性食道炎による冷え性への対策とは?

生姜、ニンニク、トウガラシ

冷え性というと、生姜湯を飲んだり、分厚い靴下を履いたりという対策を多くの方が取ります。

これらの方法も、一時的には効果があります。


ですが、冷え性を引き起こしている根本的な原因を解消しているわけではありません。

そのため、冷え性のきつい方では、生姜をいくら摂っても温まらず、また分厚い靴下を履いても、寒さで震えている方もいます。


逆流性食道炎による冷え性に悩んでいる方は、逆流性食道炎を改善する必要があります。

ただ、逆流性食道炎は様々な原因で引き起こされており、またストレスなど、自力では対処の難しい問題も多くあります。


そのため、ご自身で取りやすい対策として、食事に関するものを2つご紹介します。

内臓への負担を減らし、働きを良くすることで、逆流性食道炎と冷え性の改善に役立ちます。

逆流性食道炎で当院に来院される患者さんにお伝えしている効果的な方法です。



1.野菜や果物を積極的に食べ、お肉や脂ものの比率を減らす

野菜と果物

お肉や脂ものの食事は、胃酸の分泌量を増やし、消化にも時間がかかるため、胃腸への負担の大きな食材です。

野菜や果物は、胃酸の分泌量も少なく、胃の消化にかかる時間も短くすむため、胃に優しい食材です。


また、野菜や果物には食物繊維が豊富に含まれていて、腸の善玉菌を増やしたり、便通を促す効果があるため、腸にも良い効果があります。

意識して食事に野菜や果物などを取りいれるようにしてください。


2.よく噛むことで消化を助ける

しっかりと噛む女性

胃の蠕動運動による働きは、腸へと食物を送り出す役割に加えて、胃酸を食べ物と絡ませ、消化を助ける役割があります。

噛む回数が少ないと、食物が大きいため消化に時間がかかり、また蠕動運動にも大きな力を必要とします。

よく噛むことで消化を助け、また腸への移動もしやすくなり、負担を減らすことができます。

まずはこれらの対策を取りいれてみてください。


症状の程度の軽い方であれば、これらの対策でも十分な効果を得ることができます。


もし、これらの対策を行っても効果がみられない場合は、姿勢の調整や、自律神経のバランスの調整など、根本的な原因に対しての治療を受ける必要があります。


逆流性食道炎による冷え性を良くするために

逆流性食道炎は、一度症状が悪化してしまうと、長期化したり慢性化しやすい症状です。

また、冷え性も長期にわたって悩んでいる方の多い症状です。


色々な対策を自分で取り入れても改善がみられず、治らないのではないかと諦めかけている方も少なくありません。

ですが、引き起こしている根本原因をしっかりと改善していけば、決して良くならない症状ではありません。


一日も早く、逆流性食道炎による冷え性に悩まされず、体に不調のない毎日を過ごせるようになってください。


→つらい逆流性食道炎の症状を改善するために、治療を受けたいとお考えの方は、当院の逆流性食道炎の施術をご覧ください


このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 こちらもおススメです。合わせてお読みください


前の記事を読む

なぜ逆流性食道炎がストレスで悪化してしまうのか?

次の記事を読む

逆流性食道炎だと疲れやすい2つの原因とは?

お客様からいただいたお喜びの声

長年悩んでいた逆流性食道炎が、薬を飲まずにいけるようになり治りました

患者さんの写真 その3

逆流性食道炎と肩こりに悩んでいました。

どうしても治したかったから、最後に行きつくところですというフレーズと体験談を見て、こちらにかけてみようと思いました。

治療に通って、長年悩んでいた症状が、薬を飲まずにいけるようになり治りました。

ずっと病院へ行っていたのに、行かずに自分の持つ力で体が良くなっている実感があります。

ぜひ来てみてほしいです。

東住吉区在住 R.Nさん

*個人の感想で、成果を保証するものではありません。


片道1時間20分をかけてでも、通院するだけの費用対効果があります

患者さんの写真 その16

1.股関節の痛み 2.便秘 3.逆流性食道炎

に悩んでいました。

通院に、片道1時間10分~20分かかること、回数が重なることによる費用のことで迷いましたが、転居前に通院していた先生の紹介なので来院を決めました。

施術を受けて、改善を実感できます。

当初は1のみの目的であったが、2と3も改善されました。

費用対効果は大きなものがあります。

長い人生、この際に体質改善も含めて、来院して下さい。

阪南市在住 阪上 正敏さん

*個人の感想で、成果を保証するものではありません。


胃の不調もなくなり、毎日の食事もしっかり食べれるようになりました

患者さんの写真4 伊丹市在住 M.Sさん

胃もたれ、むかつき、胃下垂、胃痛で、食欲があっても食べれない。

また、すぐに胃の不調が出るので、体の疲労感、寝ても疲れが取れないという悩みがありました。

20才前より胃に関して良いこと?(胃薬、ハーブティ、鍼治療など)を色々してきましたが、改善に繋がりませんでした。

遠方で、少し治療費も高いので、改善するか不安でしたが、年々体力も落ちていくので行くことを決意しました。

今では胃の不調もなくなり、毎日の食事もしっかり食べれるようになりました。

時間も、お金も必要ですが、体が変わっていく喜びを感じられると思います。

伊丹市在住 M.Sさん

*個人の感想で、成果を保証するものではありません。


逆流性食道炎が徐々に良くなっていき、症状も感じなくなりました

患者さんの写真 A.Kさん

逆流性食道炎で、口の中、舌がヒリヒリ、のどに舌たいがひっついた感じがあり悩んでいました

インターネットでいろいろ探して、自宅から近く良さそうだったので、行くことにしました。

治療を受けていくと、徐々に良くなっていき、症状も感じなくなりました。

同じ症状の方、一度来院していただいたら良いと思います。

住吉区在住 A.Kさん

*個人の感想で、成果を保証するものではありません。


逆流性食道炎の治ったご自分を想像してください。

大阪市の整体 創輝鍼灸整骨院はコチラ

マップ

創輝(そうき)鍼灸整骨院

〒558-0003
大阪府 大阪市住吉区 長居3-2-3-1F
受付時間:午前  9:00~13:00
     午後16:00~20:00
(定休日:土曜日午後・日曜・祝日)


> 詳しい道順はコチラ
▲ページトップへ

Copyright (C)2012 - 2020 大阪市の整体 創輝鍼灸整骨院 All Rights Reserved.