ジャンパー膝で大阪の整体をお探しの方は創輝鍼灸整骨院にご相談ください。

病院や整骨院に行って良くならないジャンパー膝の長引く痛みや再発癖が、なぜ、当院の整体で改善し、安心してスポーツに打ち込めるようになるのか?病院や整体院を数ヶ所回って、痛み・不調がどうしても良くならなかった人が、最後に選ぶ治療院

ジャンパー膝が痛くて思うように動けていない方へ

あなたはこのようなお悩みありませんか?

  • check1膝が痛くてジャンプができない
  • check2休んでいる部活を一日でも早く復帰し、全力で動けるようになりたい
  • check3階段の昇り降りや立ち座りといった日常生活でも痛くてつらい
  • check4良くなって悪くなっての繰り返しで、いつまでも治りきらない
  • check5病院や整体に通っても良くならない

ジャンパー膝は10代に多いスポーツ障害の一つです。

バレーボールやバスケットボールといったジャンプの多い競技によく見られます。


ジャンパー膝は症状が軽度であれば、安静にしていたり、ストレッチなどのケアをしっかりとしていれば改善されるケースも珍しくありません。

ですが、一度慢性化してしまうと、非常に治りにくい症状だと言われています。


病院や整体に通っても治らない。

安静にしているけどぜんぜん楽にならない。

ストレッチやトレーニング、アイシングなど、自分でできるセルフケアはしっかりとしているのに良くならない……。


しっかりと対策を取っているにも関わらず、改善が見られずに悩んでいる方が多くいます。


なぜ、安静にしていて良くならないなのでしょうか?

どうすれば、ジャンパー膝を根本的に改善し、膝を気にせずに動けるようになるのでしょうか?


当院では、慢性化しやすいジャンパー膝でも、通院された方が改善していくケースは珍しくありません。

それは、当院がジャンパー膝の根本的な原因を解消することができるためです。


他の先生方からご推薦いただいています!
インテスタージュトリートメント 砂沢佚枝 先生尊敬する先生よりご推薦いただきました!腸もみバイブル
見出し:施術する手がすごく良く、確かな技術を持っています!

人のカラダを良くすることに熱意を持ち、そのための努力を惜しまない人です。


施術する「手」がすごく良く、確かな技術を持っています。


的確で丁寧なカウンセリングにも感心しました。

きっと誠実な対応をされていることでしょう。


尾原先生になら、安心して施術を受けていただけることと思います。


書籍、日本15冊・韓国1冊・台湾2冊を発行、累計30万部著者
マザーアロマ・ゲシュタルト研究所 代表取締役 砂沢 佚枝 先生

加藤丈佳 先生同業の先生より。嬉しいお言葉です・・!
見出し:本当に身体を良くしたい方は、ぜひ一度相談してみてください!!

尾原先生はとても勉強熱心で、常により良い方法を探し求め努力されている姿勢は、同期の私としてはいつも刺激を受けています。


施術も丁寧かつ的確で施術前と施術後の身体の動きが全然違うんですよ。


本当に身体を良くしたい方は、ぜひ一度相談してみてください!!


たけよしはり灸接骨院 院長 加藤 丈佳 先生

当院が考えるジャンパー膝を引き起こす3つの根本的な原因

原因その1.膝関節のバランスの崩れ

足首のバランスの崩れ

膝の関節は太もも、すね、お皿の3つの骨で構成されています。

これらの骨が適切な位置を保っているとき、膝への負担は最小限ですみます。


ところが、ジャンパー膝で悩まされている方は、これらの骨のバランスが崩れてしまっています。

バランスが崩れると、関節の動きに滑らかさが失われ、余計な負担がかかってしまいます。


また、関節を守ろうと、膝周りの筋肉や靭帯に過剰な緊張を招くことにもなります。


原因その2.足首のバランスの崩れ

股関節のバランスの崩れ

膝だけではなく、足首のバランスもジャンパー膝には大きく関係しています。

ジャンプ競技は足首の捻挫を繰り返す方が多く、足首のバランスが悪くなっている方が多くいます。


足首のバランスが崩れていると、荷重が足の外側にかかります。


その影響は足首だけに留まらず、膝への体重のかかり方も変わってしまいます。

体重をかけるときや、膝を曲げ伸ばしするときにも、正しく力を伝えることができなくなり、余計な負担がかかってしまうことで、ジャンパー膝を引き起こす原因になります。


原因その3.姿勢の問題

体重のかかり方の偏り

ジャンパー膝の原因の3つ目が、猫背になっていたり、重心が左右に偏っている、姿勢の問題です。

骨格のバランスの崩れや、スポーツによる同じ向きへの繰り返し動作によって、姿勢が悪くなりやすくなっています。


重心が左右で偏っていると、片足に大きな負担がかかってしまいます。


前後のバランスもとても重要です。

猫背になっていたり、重心が前方に偏っていると、体の支えるために太ももの筋肉への負担が大きく増えてしまいます。


ジャンパー膝は、これら3つの原因によって引き起こされます。


一般的な病院や治療院での治療法

一般的な病院での治療法として、まず第一に安静が指導されます。

シップや消炎鎮痛剤の服薬などで、痛みの緩和を図ります。


痛みの酷い場合には、ステロイドの注射が用いられる場合があります。
また、靭帯が断裂しているようなケースでは手術が行われる場合もあります。


一般的な治療院での治療法として、鍼灸治療、温熱療法、マッサージやストレッチなどが行われます。


ジャンパー膝が当院の整体で良くなる3つの理由

理由その1.根本原因を解消できるから

根本原因からの解消

一般的な治療院の多くは、筋肉に着目しています。

ストレッチやマッサージで筋肉の緊張を緩和させたり、テーピングで保護したりする治療が中心です。


当院では、もちろん筋肉による影響も重要だとは感じていますが、それ以上にジャンパー膝の根本原因の解消を大切にしています。


骨格のバランスや姿勢の問題があると、膝に余計な負担をかけて、筋肉や靭帯を緊張させる原因になります。

当院では根本原因を取り除くことで、多くの患者さんに良くなったと喜んでいただいています。


理由その2.初回に詳しく検査することで、その人に合わせた治療ができるから

状態の説明

ジャンパー膝は、症状の程度や状態が一人ひとり違います。

良い治療を行うには、その人に合わせた治療を行う必要があります。


そのため、当院では初診時にしっかりと問診や検査、姿勢の写真を撮影して、その方の体の状態を把握した上で、適切な治療を行っています。


また、初回にお体の状態について分かりやすく説明することで、安心して治療を受けていただけます。


理由その3.日常生活や動作の指導を行い、良い状態を保つ方法が分かるから

セルフケアを指導したり、避けたほうが良い動作をお伝えしている

当院では治療で良くすることと同じぐらい、悪化させないことを大切に考えています。


ジャンパー膝で悩まされている方は、運動量が多く、体にかかる負担の大きな方が多いです。

治療で状態が良くなっても、体への負担をかけ過ぎていたり、バランスを崩すような習慣を続けていると、良い状態を保つのが難しくなってしまいます。


高い能力を持っている人ほど、体への負担は大きくなるため、良い状態を保つこと、悪くしないことはとても重要です。

当院では、その方の体の使い方に合わせて、気を付けた方がいい動作や、セルフケアをお伝えすることで、良い状態を保ちやすくなります。


ジャンパー膝に対する当院での治療法

腸脛靭帯炎に対する当院での治療風景

当院では、初回に問診や検査、姿勢の写真撮影などを行い、体の状態をしっかりと把握します。

分かったことを元に、ジャンパー膝を引き起こす根本的な原因である、関節のバランスの崩れや、姿勢の問題などを調整していきます。


また治療だけではなく、日常生活でのお体の使い方や、セルフケア方法についても、必要な方には指導を行います。


このような方に多く来院いただけ感謝しています

ありがたいことに当院に来院される患者さんは、痛みや不調を抱えているにも関わらず、皆さん優しく、良い方ばかりでとても感謝しています。


また、一時的な変化にとらわれず、しっかり治したいという患者さんに来院いただけるおかげで、当院もその場の変化だけではなく、確実に良くするための根本施術が行えています。


こちらがお伝えした内容についても、前向き、積極的に取り組んで下さっているので、症状に良い変化がどんどん起きています。

安心してお任せください。


整体施術料金について

・初回の料金 9,000円(税込)

施術費6,000円+初検料3,000円

初めて来院される方には、しっかりとした問診や検査を行うことで、症状を引き起こしている根本原因を見つけ、分かりやすく説明をするために、別途初検料3,000円をいただいています。


・二回目以降の料金 6,000円(税込)

二回目以降は一律6,000円になっています。


お詫び:新規の方は1日限定2名様までです

新規の方は、通常の治療に加え、問診や検査、症状の根本原因についての説明をしっかりと行うため、2回目以降より時間を要します。

そのため、既存患者さんの予約枠確保のため、1日に多くの新規の方を受け入れることができません。


当院では、新規の方の人数を1日限定2名様までとさせていただきます。

あらかじめご了承ください。


よくある質問

治療は何分ぐらいですか?

施術風景の写真2

当院はリラクゼーション目的ではなく、治療を目的としているため、何分といった時間設定はしていません。

初回は、問診や検査、症状を引き起こしている根本原因の説明をするため、目安として45分程度になります。

2回目以降は、15分以内が目安となっています。


根本原因に対しての短時間治療なので、体にかかる負担を最小限にしつつ、効果を最大限に引き上げることができます。

お忙しい方や、遠方からご来院の方も、通院可能になっています。



どれぐらいの期間、通えばいいんですか?

カウンセリング風景

症状の程度や、悩まされてきた期間によって、人それぞれ異なります。


初診時に、問診や検査をしっかり行い、あなたの症状を引き起こしている根本原因や、その問題を解決するために要する期間をお伝えします。



追伸:ジャンパー膝を良くして、膝を気にせず動けるように

院長 尾原秀祐

ジャンパー膝は、負担が蓄積して発症する症状です。

練習熱心だったり、能力が高く膝への負担が大きな人ほど悩まされやすい傾向があります。


だからこそ、痛みのために十分な練習ができない。

試合に出場できない、出場できても満足な動きができないというのは、とてもツラいことです。


また、同じ一日を痛みに悩まされて過ごすのか。

ジャンパー膝を良くして、練習に打ち込むのか。


両者の差の積み重ねは、とても大きなものになってしまいます。

だからこそ、一日も早く根本原因から解消することが大切です。


ジャンパー膝は引き起こす原因があり、それに対する適切な治療を施せば、改善されるケースは多くあります。

けっして治らない症状ではありません。


もしあなたが本当にお困りなら、今すぐ当院にご連絡ください。

あなたのご来院、お待ちしています。

院長 尾原秀祐


ジャンパー膝が治った自分をイメージしてください。練習に打ち込めてストレスがない。思い通りに動けて活躍できる。ちゃんとしたストレッチで再発しない。真剣にプレーできるから最高に楽しい。活躍する姿を家族に見せれて嬉しい。一緒にあなたの好きなことをできるようにしませんか? ご予約・問い合わせは今すぐお電話ください。

大阪市の整体 創輝鍼灸整骨院はコチラ

マップ

創輝(そうき)鍼灸整骨院

〒558-0003
大阪府 大阪市住吉区 長居3-2-3-1F
受付時間:午前  9:00~13:00
午後16:00~20:00
(定休日:土曜日午後・日曜・祝日)


> 詳しい道順はコチラ

Copyright (C)2012 - 2021 大阪市の整体 創輝鍼灸整骨院 All Rights Reserved.