逆流性食道炎の方が外食するなら、気を付けたいポイントとは?

病院や整体院を数ヶ所回って、痛み・不調がどうしても良くならなかった人が、最後に選ぶ治療院

逆流性食道炎の方が外食するなら、気を付けたいポイントとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは、このようなお悩みはありませんか?

  • check 逆流性食道炎に負担なのは分かるけど、外食をやめれない
  • check 自炊が良いのは分かっているけど、時間が確保できない
  • check 外食するなら、何を選べば良いか分からない

逆流性食道炎に悩む子ども

逆流性食道炎は、胃から食道へ胃酸などが逆流する症状です。

胃酸が逆流することで、食道の粘膜を荒らし、炎症を引き起こします。


逆流性食道炎の一般的な症状として、のどの違和感、胃もたれ、胸焼け、げっぷ、腹部膨満感、呑酸(どんさん)などがあります。

逆流性食道炎は、日常の食生活の影響を大きく受けます。


そのため、自宅で胃腸に優しい食事を食べるのが理想ですが、仕事や家庭の都合など、さまざまな理由で外食せざるを得ない場合も多くあります。


逆流性食道炎の方は、外食すると負担になるのでしょうか?

また、外食するならば、どのような点に気を付ければよいのでしょうか?


逆流性食道炎の方にとって、外食は良いのか? 悪いのか?

逆流性食道炎の方でも、外食することは問題ではありません。

とはいえ、外食はどうしても塩分や油など、味付けが濃いものになりがちです。


できるだけサッパリとしたメニューを頼んでみたとしても、実際には自炊に比べると塩分や油分の多い食事をとっているというケースがみられます。

そのため、外食が続くようになると、胃に慢性的に負担がかかってしまいます。


逆流性食道炎の方が外食をするなら、気を付けたい4つのポイント

胃薬

逆流性食道炎の程度や、その人の体質によって、同じような食べ物を食べていても、負担になるものもあれば、負担にならないものもあります。

胃薬を飲んで、一時的に胃の状態が良くなると、胃に負担のかかるものも気にせず食べれてしまいます。


ですが、胃薬の働きを借りて食べられることと、胃に負担がかからないこととは全く別問題です。

本来胃の痛みや不快感は、食事量を落としたり、負担のかかるものを避けるためのサインです。


胃薬は不快な症状を抑え、とても便利なものですが、安易に頼るのは、長期的に考えると、かえって回復を遅らせてしまうケースもあります。

自分の体の感覚に耳を傾け、食べれるものは食べる、負担になるものを避けることは、とても重要です。


1.食べる順番や食べ方

食べる順番

同じ食事を取っても、食べる順番によって胃への負担は変わってきます。

よく言われる例に、「お腹が空いたときにお酒を飲むと良くない」というものがありますが、これはアルコールに限った話ではありません。


野菜には、胃の粘膜を守ってくれたり、消化酵素によって消化を助けてくれる食材が多くあります。

最初に野菜を食べ、その後にご飯やおかずを食べるようにすることで、胃腸への負担を減らすことができます。


2.メニューの比率

メニューの比率

お肉や脂ものの多い食事は、胃酸の分泌量を増やし、消化の際に分泌されるコレシストキニンというホルモンによって、逆流を防ぐ下部食道括約筋の働きを弱めてしまいます。

また、糖分の高い食事も胃酸の分泌量を増やしてしまいます。


食事を頼む際には、野菜や植物性のタンパク質、果物などの比率を高めてください。


3.噛む回数を増やす

噛む回数

噛む回数が少ないと、胃での食べものの消化に時間がかかります。

消化に時間がかかることで、長時間食べ物が胃に留まり、胃酸の分泌量も増えてしまい、逆流性食道炎を悪化させてしまいます。


意識してしっかりと噛んで食べるようにしてください。


4.アルコールの量と頻度を調整する

アルコール

アルコールは、胃酸の分泌量を増やします。

また、下部食道括約筋の働きが低下するため、逆流性食道炎を悪化させてしまいます。


お付き合いなどで飲む必要がある際には、量や頻度を調整して、飲みすぎないようにしてください。


逆流性食道炎に悩まされず、安心して毎日の食事を楽しめるように

まずはこれらの対策を取りいれてみてください。

抱えている程度の軽い方であれば、これらの対策でも十分な効果を得ることができます。


ただし、

  • ・症状がきつく、生活に支障をきたしている方
  • ・薬を飲んでも良くならないとお悩みの方
  • ・すでに上記の対策を取り入れていて、それでも症状に悩まされている方

は、姿勢の調整や、自律神経の調整といった根本的な原因に対する治療を受ける必要があります。


逆流性食道炎は一度症状が悪化してしまうと、慢性化し、なかなか治りにくい症状です。

薬を飲んでも良くならず、治らないのではないかと不安になっている方も多くいます。


ですが、引き起こしている根本原因をしっかりと改善していけば、逆流性食道炎は決して良くならない症状ではありません。

逆流性食道炎の不快な症状に悩まされず、安心して食事を楽しめるようになってください。


→つらい逆流性食道炎の症状を改善するために、治療を受けたいとお考えの方は、当院の逆流性食道炎の施術をご覧ください


このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 こちらもおススメです。合わせてお読みください


前の記事を読む

幼児期の逆流性食道炎に考えられる原因と対策とは?

次の記事を読む

逆流性食道炎の方が下痢にまで悩まされてしまう原因とは?

お客様からいただいたお喜びの声

長年悩んでいた逆流性食道炎が、薬を飲まずにいけるようになり治りました

患者さんの写真 その3

逆流性食道炎と肩こりに悩んでいました。

どうしても治したかったから、最後に行きつくところですというフレーズと体験談を見て、こちらにかけてみようと思いました。

治療に通って、長年悩んでいた症状が、薬を飲まずにいけるようになり治りました。

ずっと病院へ行っていたのに、行かずに自分の持つ力で体が良くなっている実感があります。

ぜひ来てみてほしいです。

東住吉区在住 R.Nさん

*個人の感想で、成果を保証するものではありません。


片道1時間20分をかけてでも、通院するだけの費用対効果があります

患者さんの写真 その16

1.股関節の痛み 2.便秘 3.逆流性食道炎

に悩んでいました。

通院に、片道1時間10分~20分かかること、回数が重なることによる費用のことで迷いましたが、転居前に通院していた先生の紹介なので来院を決めました。

施術を受けて、改善を実感できます。

当初は1のみの目的であったが、2と3も改善されました。

費用対効果は大きなものがあります。

長い人生、この際に体質改善も含めて、来院して下さい。

阪南市在住 阪上 正敏さん

*個人の感想で、成果を保証するものではありません。


胃の不調もなくなり、毎日の食事もしっかり食べれるようになりました

患者さんの写真4 伊丹市在住 M.Sさん

胃もたれ、むかつき、胃下垂、胃痛で、食欲があっても食べれない。

また、すぐに胃の不調が出るので、体の疲労感、寝ても疲れが取れないという悩みがありました。

20才前より胃に関して良いこと?(胃薬、ハーブティ、鍼治療など)を色々してきましたが、改善に繋がりませんでした。

遠方で、少し治療費も高いので、改善するか不安でしたが、年々体力も落ちていくので行くことを決意しました。

今では胃の不調もなくなり、毎日の食事もしっかり食べれるようになりました。

時間も、お金も必要ですが、体が変わっていく喜びを感じられると思います。

伊丹市在住 M.Sさん

*個人の感想で、成果を保証するものではありません。


逆流性食道炎が徐々に良くなっていき、症状も感じなくなりました

患者さんの写真 A.Kさん

逆流性食道炎で、口の中、舌がヒリヒリ、のどに舌たいがひっついた感じがあり悩んでいました

インターネットでいろいろ探して、自宅から近く良さそうだったので、行くことにしました。

治療を受けていくと、徐々に良くなっていき、症状も感じなくなりました。

同じ症状の方、一度来院していただいたら良いと思います。

住吉区在住 A.Kさん

*個人の感想で、成果を保証するものではありません。


逆流性食道炎の治ったご自分を想像してください。

大阪市の整体 創輝鍼灸整骨院はコチラ

マップ

創輝(そうき)鍼灸整骨院

〒558-0003
大阪府 大阪市住吉区 長居3-2-3-1F
受付時間:午前  9:00~13:00
     午後16:00~20:00
(定休日:土曜日午後・日曜・祝日)


> 詳しい道順はコチラ
▲ページトップへ

Copyright (C)2012 - 2020 大阪市の整体 創輝鍼灸整骨院 All Rights Reserved.