なぜ逆流性食道炎がストレスで悪化してしまうのか?

病院や整体院を数ヶ所回って、痛み・不調がどうしても良くならなかった人が、最後に選ぶ治療院

なぜ逆流性食道炎がストレスで悪化してしまうのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

逆流性食道炎で苦しむ女性の図

逆流性食道炎は、胃から食道へ胃酸などが逆流する症状です。

胃酸が逆流することで、食道の粘膜を荒らし、炎症を引き起こしますてしまいます。

もともと日本人には少ない症状でしたが、食生活やライフスタイルの変化によって、近年では患者数が増加していると言われています。


胃もたれ、胸焼け、げっぷ、腹部膨満感、のどの違和感などの不調を引き起こす逆流性食道炎ですが、その原因の1つにストレスがあります。

ストレスというと、捉えどころがなく、具体的にどうしたらいいか分かりづらいですよね。


この記事ではストレスがかかることで、体にどのような変化が起こって、逆流性食道炎を引き起こしてしまうのかを紹介しています。


ストレスが逆流性食道炎を引き起こす3つの要因

1.胃酸の量が増える

ストレスを受けている女性の図

ストレスを受けると、胃の粘膜に炎症が起こり、胃酸の分泌が増えます。

食後だけではなく空腹時にも胃酸が出ることで、逆流しやすい状態になってしまいます。


ストレスがかかり続けると、胃壁から出血し、胃潰瘍を引き起こしてしまいます。


2.下部食道括約筋の働きが落ちる

胃の中の食べ物や胃酸が逆流しないように、食道の出入り口を締めて防いでいるのが、下部食道括約筋です。

この筋肉は自律神経でコントロールされ、リラックスした状態の時に、一番よく働くようにできています。

ところが、過度や慢性的なストレスを感じると、自律神経に乱れが生じ、下部食道括約筋が緩んで逆流しやすい状態になってしまいます。


3.腸の働きが低下する

ストレスは自律神経に乱れを生じさせ、消化や吸収を司る腸の働きを低下させます。

腸の働きが低下すると、便をスムーズに排泄することができなくなり、腹圧が高まって胃を圧迫し逆流しやすくなります。


腹圧の上昇は、肥満とセットで逆流の大きな要因になっています。


逆流性食道炎を良くし、再発させないためには

逆流性食道炎を引き起こし、悪化させる原因であるストレスを減らすことは重要なことです。

リラックスできるよう、趣味やスポーツなどで発散し気分転換することも効果的でしょう。

趣味のカラオケでストレスを発散する女性の図

ですが、何のストレスも感じずに日常を過ごすことは、容易ではありません。


逆流性食道炎は、ストレス以外にも引き起こしている原因があります。

そして、逆流性食道炎でお悩みの方は、別の原因も同時に抱えているケースがほとんどです。


主な原因としては、姿勢の問題や腹圧の問題、食事内容だったり、生活習慣などがあります。

これらの問題は、正しい知識や治療によって改善することが可能です。


逆流性食道炎を良くし、再発させないためには、ストレスはもちろんですが、引き起こしている根本的な原因も良くすることが重要です。


→つらい逆流性食道炎の症状を改善するために、治療を受けたいとお考えの方は、当院の逆流性食道炎の施術をご覧ください


このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事 こちらもおススメです。合わせてお読みください


次の記事を読む

便秘が逆流性食道炎を引き起こしてしまう原因

お客様からいただいたお喜びの声

長年悩んでいた逆流性食道炎が、薬を飲まずにいけるようになり治りました

患者さんの写真 その3

逆流性食道炎と肩こりに悩んでいました。

どうしても治したかったから、最後に行きつくところですというフレーズと体験談を見て、こちらにかけてみようと思いました。

治療に通って、長年悩んでいた症状が、薬を飲まずにいけるようになり治りました。

ずっと病院へ行っていたのに、行かずに自分の持つ力で体が良くなっている実感があります。

ぜひ来てみてほしいです。

東住吉区在住 R.Nさん

*個人の感想で、成果を保証するものではありません。


片道1時間20分をかけてでも、通院するだけの費用対効果があります

患者さんの写真 その16

1.股関節の痛み 2.便秘 3.逆流性食道炎

に悩んでいました。

通院に、片道1時間10分~20分かかること、回数が重なることによる費用のことで迷いましたが、転居前に通院していた先生の紹介なので来院を決めました。

施術を受けて、改善を実感できます。

当初は1のみの目的であったが、2と3も改善されました。

費用対効果は大きなものがあります。

長い人生、この際に体質改善も含めて、来院して下さい。

阪南市在住 阪上 正敏さん

*個人の感想で、成果を保証するものではありません。


胃の不調もなくなり、毎日の食事もしっかり食べれるようになりました

患者さんの写真4 伊丹市在住 M.Sさん

胃もたれ、むかつき、胃下垂、胃痛で、食欲があっても食べれない。

また、すぐに胃の不調が出るので、体の疲労感、寝ても疲れが取れないという悩みがありました。

20才前より胃に関して良いこと?(胃薬、ハーブティ、鍼治療など)を色々してきましたが、改善に繋がりませんでした。

遠方で、少し治療費も高いので、改善するか不安でしたが、年々体力も落ちていくので行くことを決意しました。

今では胃の不調もなくなり、毎日の食事もしっかり食べれるようになりました。

時間も、お金も必要ですが、体が変わっていく喜びを感じられると思います。

伊丹市在住 M.Sさん

*個人の感想で、成果を保証するものではありません。


逆流性食道炎が徐々に良くなっていき、症状も感じなくなりました

患者さんの写真 A.Kさん

逆流性食道炎で、口の中、舌がヒリヒリ、のどに舌たいがひっついた感じがあり悩んでいました

インターネットでいろいろ探して、自宅から近く良さそうだったので、行くことにしました。

治療を受けていくと、徐々に良くなっていき、症状も感じなくなりました。

同じ症状の方、一度来院していただいたら良いと思います。

住吉区在住 A.Kさん

*個人の感想で、成果を保証するものではありません。


逆流性食道炎の治ったご自分を想像してください。

大阪市の整体 創輝鍼灸整骨院はコチラ

マップ

創輝(そうき)鍼灸整骨院

〒558-0003
大阪府 大阪市住吉区 長居3-2-3-1F
受付時間:午前  9:00~13:00
     午後16:00~20:00
(定休日:土曜日午後・日曜・祝日)


> 詳しい道順はコチラ
▲ページトップへ

Copyright (C)2012 - 2021 大阪市の整体 創輝鍼灸整骨院 All Rights Reserved.