種子骨障害で大阪の整体をお探しの方へ

病院や整体に通っても良くならない歩くのもつらい種子骨障害の痛みが、なぜ当院の整体で改善し、安心して全力で走れるようになるのか? 病院や整体院を数ヶ所回って、痛み・不調がどうしても良くならなかった人が、最後に選ぶ治療院

種子骨障害の痛みで、走りたいのに走れない方へ

あなたは、このようなお悩みありませんか?

  • check1歩くのが痛く、走ったりジャンプがまったくできない
  • check3シップを貼ったり、インソールをしているのに、少しも楽にならない
  • check2部活を休んでいるのがつらく、復帰して全力で走りたい
  • check4病院で「生まれつきの問題だから治らない」と言われたけれど、諦めきれない
  • check5病院や整体に通っても良くならない

種子骨障害は、歩く、走るという動作に強い痛みを感じるため、思ったように動けなくなってしまいます。

そのため、スポーツをしている人にとって、特に深刻な悩みになることが多い症状です。


練習を休むと動きが悪くなったり、大切な試合や大会に出場自体できなくなってしまうかもしれない。

練習はしたいけれど、動けば余計に痛みがひどくなってしまう。


このような悩みで板挟みになってしまい、どうしたら良いのか分からず悩んでいないでしょうか。


種子骨障害は慢性障害と呼ばれるものの一つで、一般的には治りにくい症状とされています。

当院では病院に通っても良くならず、ストレッチやインソールなど様々なケアをしても良くならない方が、遠方から来院されるケースが多いです。


なぜ種子骨障害は治りづらいのでしょうか?

どうすれば痛みを気にせず、全力で走れるぐらい良くなるのでしょうか?


それには種子骨障害を引き起こしている根本的な原因を解消する必要があります。


お客様からいただいたお喜びの声

種子骨障害で諦めようと考えている寸前の人にお勧めします

大阪府茨木市在住 田野利展さんのシルエット画像

種子骨障害に悩んでいました。

色々と病院を転々としていただけに、ここで大丈夫なんだろうか?と思ったのですが、藁をもすがる思いでネットで検索をして見つけたので、一度行ってみようと思いました。


失礼ながら今迄の経緯から半信半疑でしたが、効果が出て驚きました。

私のように何とかしたくても出来ず、諦めようと考えている寸前の人に希望を持って来院される事をお勧めします。


大阪府茨木市在住 田野利展さん(お父さん記述)

*個人の感想で、成果を保証するものではありません。



他の先生方からご推薦いただいています!
インテスタージュトリートメント 砂沢佚枝 先生尊敬する先生よりご推薦いただきました!腸もみバイブル
見出し:施術する手がすごく良く、確かな技術を持っています!

人のカラダを良くすることに熱意を持ち、そのための努力を惜しまない人です。


施術する「手」がすごく良く、確かな技術を持っています。


的確で丁寧なカウンセリングにも感心しました。

きっと誠実な対応をされていることでしょう。


尾原先生になら、安心して施術を受けていただけることと思います。


書籍、日本15冊・韓国1冊・台湾2冊を発行、累計30万部著者
マザーアロマ・ゲシュタルト研究所 代表取締役 砂沢 佚枝 先生

加藤丈佳 先生同業の先生より。嬉しいお言葉です・・!
見出し:本当に身体を良くしたい方は、ぜひ一度相談してみてください!!

尾原先生はとても勉強熱心で、常により良い方法を探し求め努力されている姿勢は、同期の私としてはいつも刺激を受けています。


施術も丁寧かつ的確で施術前と施術後の身体の動きが全然違うんですよ。


本当に身体を良くしたい方は、ぜひ一度相談してみてください!!


たけよしはり灸接骨院 院長 加藤 丈佳 先生

種子骨障害とは?

種子骨障害とは?


種子骨障害はスポーツなどで激しく動く方にみられる比較的珍しい症状で、自分が診断されて、初めて知ったという方も多くいます。

病院で診断を受けたときにも、十分な説明を受けれないケースもあり、自分で調べても分かりにくく、足がどういう状態になっているのか、不安に感じている方もいます。


種子骨障害の『種子骨』とは、足の裏、親指の付け根についている小さな2つの骨のことです。

この2つの骨の間に、親指を曲げる筋肉が通っていて、上手く力を伝え、スムーズに動くように押さえています。


走ったりジャンプをしたり、かかとを上げつま先に体重がのった瞬間には、足の親指の部分は負担が一気に集中し、瞬間的に全体重の50%が種子骨の周囲にかかります。


種子骨障害とは、スポーツなどで足に大きな負担がかかり、種子骨の部分で炎症が起きた状態を言います。


非常に細やかな部分ですが、骨、筋肉、靭帯、滑液包など、多くの組織が入り混じっている上、負担がかかりやすい場所なため、一度発症すると炎症がなかなか治まらない特徴があります。


当院が考える種子骨障害を引き起こす根本的な原因とは?

一般的に種子骨障害は、

  • 1.スポーツなどで足を使いすぎ
  • 2.偏平足(アーチの減少)による負担の増加
  • 3.先天的な分裂種子骨

が原因だと考えられています。


ですが、同時にこれらの条件に当てはまってしまっても、痛みに悩まされずスポーツをしている方は非常に多くいます。


その一方、使いすぎに気を付けたり、アーチを作ろうとトレーニングをしたり、ケアをキッチリしていても、痛みが良くならず困っている方も多く見られます。


これらから、一般的に言われている原因が、痛みを引き起こすすべてでないことが分かります。


当院では、種子骨障害を引き起こす根本的な原因を次の5つと考えています。

種子骨障害を引き起こす根本的な原因とは?


原因その1.足のバランスの崩れ

足のバランスの崩れ

足の骨は合計で28個あります。

それらが適切な位置にあることで、上手く筋力を使えたり、衝撃を分散することができます。


捻挫や負担のかかる反復動作などで足のバランスが崩れてしまうと、足裏での体重のかかり方が悪くなってしまいます。

また足周りの筋力も十分に発揮できないため、関節への負担が増大します。


親指側に重心がかかったり、強い負担がかかり続けることで、種子骨障害を引き起こす原因になります。


原因その2.アーチの問題

アーチの問題

スポーツをしていると、普通に歩いているときよりも、何倍もの衝撃が足にかかります。

足への負担を吸収、分散してくれているのが、土踏まずにあるカーブで『アーチ』と呼ばれるものです。


アーチは適正な位置より高くても低くても、衝撃の吸収や分散が難しくなります。

アーチが高いハイアーチ、逆に低い状態の偏平足になっていることで、種子骨障害を引き起こす原因になります。


原因その3.姿勢の問題

姿勢の問題

体のバランスが整っていれば、体重は両足にしっかりと分散されます。


ところが、利き手や利き足など片側をよく使ったり、スポーツでの競技特有の繰り返し動作などにより、骨格や筋肉のバランスに左右差ができてしまいます。


その結果、重心に左右の差ができてしまい、体重のかかり方が偏ってしまいます。

片足により大きな負荷がかかることで、種子骨障害を引き起こす原因になります。


原因その4.循環の問題

循環の問題

内臓疲労は種子骨障害に、間接的ですが大きな影響を与えています。


内臓は疲労物質を分解し、栄養を補給する場所です。

内臓が疲労すると、全身に疲労物質が溜まっていきます。


栄養も十分吸収できず、足の筋肉も状態が悪くなってしまいます。


もう一つは、下半身の血流は内臓の働きによる影響がとても大きなことです。

もともと手足といった心臓から遠いところにある場所は、血流が悪くなりがちです。


内臓の状態が悪くなることで、全身の血流がさらに悪くなり、筋肉の状態が悪くなって、種子骨障害を引き起こす原因になります。


原因その5.オーバーユースによる筋肉の状態の悪化

オーバーユースによる筋肉の状態の悪化

長時間の練習だけが問題になるのではなく、上達すればするほど力は強く、動きは素早くなって、体への負担は大きくなります。


そのため適切な休息や、ケアが求められます。

体にかかる負担が増えるのに合わせて、回復させる知識やスキルが必要になります。


ですが、自分の体の状態をしっかりと把握し、それに合わせた十分なケアができている方は、プロレベルでもあまりいません。

体に負担が蓄積されていき、筋肉の状態が悪くなることで、衝撃を吸収することが難しくなり、種子骨障害を引き起こす原因になります。


当院で種子骨障害が改善される3つの理由

理由その1.根本原因を解決できるから

種子骨障害は、上記のような根本原因があり、人によってそれぞれ違います。

また、痛みを感じる場所だけを治療していて良くなる可能性は低いです。


サポーターやテーピング、足底板などで、足周りから負担を減らそうとしても、根本的な問題が残っていると、どうしても効果が薄くなってしまいます。


ただ、これらの根本原因を考えて治療しているところは、非常に少ないです。


当院では種子骨障害の痛みが、なぜ起こっているのか。

引き起こしている根本的な原因を考え、解消できるため、治りにくいとされている種子骨障害も改善することができます。


理由その2.しっかり問診や検査を行い、その人の原因に合わせて治療するから

姿勢の写真

良い治療を行うには、その方の原因がどこにあるのか、状態を正確に把握することが重要です。

種子骨障害といっても、人によってそれぞれ引き起こしている原因は異なります。


足のバランスが崩れている方もいれば、アーチに問題がある方もいます。

ですので、その人の状態や原因に合わせて、最適な治療を行う必要があります。


当院では初回に詳しい問診や検査、写真撮影による姿勢の分析などを行って、その方の症状の問題がどこにあるのかを把握します。

問題を的確に把握し、原因を特定できるため、適切な治療を行うことが可能になります。


理由その3.日常生活や動作の指導を行い、再発を防げるから

種子骨障害は、根本的な問題だけでなく、毎日のスポーツで負担をかけていることも大きな問題です。

そのため、どのように過ごすかは、改善に深く関わってきます。


どんなスポーツで、どんな動きを、どのような強度でしているのか?

ストレッチなどのケアは、体の状態に合ったものをしているのか?

睡眠は十分とれているのか?


など様々な要因が、状態を良くも悪くもします。

当院では患者さんひとりひとりの生活をお聞きし、それに対して問題と考えられる部分の改善点を優しく指導します。


知らず知らずのうちにかけてしまっている体への負担が減ることで、症状の改善だけではなく再発を防ぐことができます。


種子骨障害に対する当院での治療法

当院では、初回にしっかりと問診や検査を行います。

全身の姿勢を確認する写真撮影も行うことで、体全体の問題点を把握します。


その上で種子骨障害の根本原因である、足のバランスの調整や姿勢の問題など、その人の抱えている問題に合わせて、ソフトな治療で改善していきます。

それに加え、その方の過ごし方などをお聞きし、再発させないための指導を行い、根本的な原因からの改善を図ります。


このような方に多く来院いただけ感謝しています

ありがたいことに当院に来院される患者さんは、痛みや不調を抱えているにも関わらず、皆さん優しく、良い方ばかりでとても感謝しています。


また、一時的な変化にとらわれず、しっかり治したいという患者さんに来院いただけるおかげで、当院もその場の変化だけではなく、確実に良くするための根本施術が行えています。


こちらがお伝えした内容についても、前向き、積極的に取り組んで下さっているので、症状に良い変化がどんどん起きています。

安心してお任せください。


整体施術料金について

・初回の料金 9,000円(税込)

施術費6,000円+初検料3,000円

初めて来院される方には、しっかりとした問診や検査を行うことで、症状を引き起こしている根本原因を見つけ、分かりやすく説明をするために、別途初検料3,000円をいただいています。


・二回目以降の料金 6,000円(税込)

二回目以降は一律6,000円になっています。


お詫び:新規の方は1日限定2名様までです

新規の方は、通常の治療に加え、問診や検査、症状の根本原因についての説明をしっかりと行うため、2回目以降より時間を要します。

そのため、既存患者さんの予約枠確保のため、1日に多くの新規の方を受け入れることができません。


当院では、新規の方の人数を1日限定2名様までとさせていただきます。

あらかじめご了承ください。


よくある質問

治療は何分ぐらいですか?

施術風景の写真2

当院はリラクゼーション目的ではなく、治療を目的としているため、何分といった時間設定はしていません。

初回は、問診や検査、症状を引き起こしている根本原因の説明をするため、目安として45分程度になります。

2回目以降は、15分以内が目安となっています。


根本原因に対しての短時間治療なので、体にかかる負担を最小限にしつつ、効果を最大限に引き上げることができます。

お忙しい方や、遠方からご来院の方も、通院可能になっています。



どれぐらいの期間、通えばいいんですか?

カウンセリング風景

症状の程度や、悩まされてきた期間によって、人それぞれ異なります。


初診時に、問診や検査をしっかり行い、あなたの症状を引き起こしている根本原因や、その問題を解決するために要する期間をお伝えします。



追伸:種子骨障害でスポーツを諦めないでください

院長 尾原秀祐

痛みのせいで全力で走れない、思い通りの動きができないと歯がゆい想いをしていませんか?

今まで勝てていた相手にも負けて、悔しい想いをしているかもしれません。


治すためにこれまでいろいろ試していると思います。

病院に行くのを始め、シップを貼ったり、インソールをしたり、ストレッチをしたり。

それでも治らないので、このまま治らないんじゃないかと焦りもあるかと思います。


あなたが治らないのは、それらのケアが悪いわけではなく、痛みを引き起こしている根本的な原因を解決できていない可能性が高いです。

あなたに合った治療でそれを解決できれば、痛みなく全力で走れて、ちょっとやそっとでは痛みの出ない状態にすることができます。


多くの方が、大切な試合や大会のために無理をしてしまいがちです。

その結果、症状をこじらせ、後悔してしまう方が少なくありません。


痛みを取り除いて全力で動けるようになり、競技に取り組めるのが、成績を上げ、また楽しむためにも大切なことです。


あなたが諦めなければ、種子骨障害と一生付き合う必要はありません。

ご来院、お待ちしています。

院長 尾原秀祐


種子骨障害が治った自分をイメージしてください。思いっきり走れて嬉しい。痛みを忘れて毎日が過ごせる。辞めようかと思っていたスポーツを続けられる。練習に集中でき、思うような実力が発揮できる。痛みのストレスがなくなり、気持ちに余裕ができる

大阪市の整体 創輝鍼灸整骨院はコチラ

マップ

創輝(そうき)鍼灸整骨院

〒558-0003
大阪府 大阪市住吉区 長居3-2-3-1F
受付時間:午前  9:00~13:00
午後16:00~20:00
(定休日:土曜日午後・日曜・祝日)


> 詳しい道順はコチラ

Copyright (C)2012 - 2021 創輝鍼灸整骨院 All Rights Reserved.